英語

英語

英語や英会話を習得するための情報。ぐんぐん上達する英語勉強法!

スポンサード リンク


英語勉強法

今やビジネスに英語力は必須の状況になり、学生はもちろん英語学習に取り組むビジネスマンも多数います。
しかし、どうゆうわけか英語を習得するのが苦手な方が多数いて、様々な教材にチャレンジするも挫折を繰り返しているのが現状です。
しかし、苦手を克服してしっかりとリスニングもスピーキングも出来るようになる人もいます。

違いは一体何なのでしょうか。

以下は個人的な見解なので「こうゆう意見もあるんだな」とゆう意識でお読みいただけると幸いです。


日本人は、もともと努力家でコツコツ続けるのが得意な人種だったハズですが、いつの間にか努力や真面目に続けることに美徳を感じないようになってしまったように思います。
「継続は力なり」
このことわざの精神は一体どこへいったのやらといった風潮です。
継続力さえあればたいがいどんなことでも達成できるようなものですが、継続力が無いばかりにダイエットも成功しません。
では、継続力をつけるにはどうしたらいいかを自己流ではありますがご紹介します。

もっともこの方法はインターネットビジネスで成功されたかたから教えていただいた方法なのであまり偉そうには語れません。ですが、知識をシェアするのは良いことだと思うので紹介させていただきます。

まず、どんな簡単なことでも良いので毎日続けられることを始めます。
例えばクリック募金などはとてもオススメ。
クリックして募金した金額が増えていくと実績が数字に表れるのでモチベーションが上がります。人とゆうのは数字で表されると分かりやすい脳の仕組みになっているからです。

クリック募金はこちら
クリックで救える命がある。

もしも日にちが空いたとしてもまた一から始める気持ちが継続力を高める事になりますので、忘れていたとしてもまた思い出したら続ける気持ちを持って続けてくださいね。

で、こういったことが簡単に続けられるようになったら今度はもう少しハードルを上げて、続けられることを始めてみましょう。
日頃からやっておきたいけど面倒でなかなかやらないことがオススメです。
トイレ掃除、玄関掃除、など何でも構いません。個人的には掃除全般がオススメではあります。
掃除が習慣化すると部屋もスッキリして、これは実は脳内もスッキリしてきます。そうすると学習能率もあがり、英語学習も捗るようになるとゆうオススメ対策です。

そして学習能率を上げるには食事も大切です。1日に必ず空腹でお腹が鳴るくらいお腹を空かせる時間を持ちましょう。
空腹状態も脳にはとても良い影響を与えます。ハングリー精神とゆうのもココからきているのかもしれません。
血糖値が下がって集中力が下がるようなら慣れるまではエネルギー飲料でチャージするのも一つの手立て。慣れると空腹状態でもがんばれます。

こういったことが続けられれば、1日に短時間で済む英語学習などは簡単過ぎるほど簡単です。

いきなり苦手な英語学習に取り組む前に、こうした地道な努力をするほうが案外近道です。



このアイデアがあなたの英語学習・ビジネス成功の手助けになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。




オススメ教材

.TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法。

英語 トップへ戻る